バンクイックの限度額はいくら?

バンクイックの借り入れ限度額は?どのくらいまで融資してくれるの?

バンクイック,ネット審査,申し込み,限度額

三菱東京UFJ銀行のバンクイックの利用限度額に関しては、最高500万円までと決められています。

 

一度の利用で500万円の制限という事ではなく、1個人がバンクイックを利用する際の制限額が500万円という意味になります。

 

この500万円という融資枠に関しては、一般的に見ると多めというのが正直な感想です。

 

銀行系としては、他にもっと大口の融資を可能にしている場合もあるのですが、やはりカードローンという枠組みにおいては、どの銀行も300万円〜500万円に設定している事が多く、これ以上の融資可能額を期待する場合には、若干探すという作業が必要になるかと思います。

 

(現時点では1000万円まで融資可能な銀行もありますが、その場合は年収3000万円以上が条件になります)

 

融資額の規模はまずまずといったところではありますが、分かりやすいというのが三菱東京UFJ銀行の良いところだと思います。 ポイントとしては融資可能額に合わせて、しっかりと利率が予め決定しているということですね。

 

公式では変動金利という明示がされていますが、これは融資可能額に応じて金利が変動するという事を意味しています。 世界情勢によって政策金利が変動され、それに合わせてバンクイックの金利設定も変更される可能性がありますが、一度契約した段階であれば、基本的にはずっとその金利設定が続けられる仕組みになっています。

 

要は知らないうちに勝手に金利が変わっているという事態を起こし難いシステムになっていますので、利用者からするとかなり利用がしやすい金融機関という事になるかと思います。

 

(変動しない事によるデメリットも当然あります)

 

次に一般的な融資可能額に関して。

 

500万円まで融資可能にはなっていますが、当然、この場合は一定の審査を必要とします。 厳重な審査が必要となる基準は、100万円を超えるか否か。 言ってしまえば100万円までは、所得証明なしで誰でも融資を受ける事が可能になっています。

 

ただ、この場合、他の金融機関から収入の3分の1を超える現金での借り入れがない場合、という条件が追加されます。 (クレジットカードのショッピング枠などは含みません) 条件はあるものの、原則として誰でも100万円の融資が一日で可能になるという点は、やはり大きなメリットと言えるでしょう。

 

逆に100万円以上の融資可能限度額を設定する場合には、所定の審査手続きが必要になり、結果が出るまでに一定の日数が必要になってきます。

 

ただ、仮審査の判断は非常に早く、一日で簡単な是非を明示してくれるのがバンクイックの良いところでもあります。


低金利のバンクイックに申し込むならこちら

バンクイック限度額?どのくらいまで融資できる?【銀行カードローン】
バンクイック限度額?どのくらいまで融資できる?【銀行カードローン】
バンクイック限度額?どのくらいまで融資できる?【銀行カードローン】
バンクイック限度額?どのくらいまで融資できる?【銀行カードローン】
バンクイック限度額?どのくらいまで融資できる?【銀行カードローン】